貯める

【第25回】投資を始める前に決める1つのこと

こんにちは、ぺんぺんです。

今日の記事では、投資を始める前に決める事について

解説したいと思います。

この記事を読めば、

・投資を始める前に考えることは?

・何に投資して良いのか分からない

こういった疑問が解消されると思います。

それでは、始めましょう。

 結論:投資目的を決めましょう

結論から言います。

「投資目的を決めましょう」

これには次のような理由が挙げられます。

理由①:様々なリスクの投資が存在する

投資と言っても様々な種類があります。
まず下の図をご覧ください。

青色:ローリスク・ローリターンの投資
緑色:ミドルリスク・ミドルリターンの投資
赤色:ハイリスク・ハイリターンの投資

今回は代表的なものを挙げましたが、これが全てではありません。

たくさんの投資の中から自分に合った「投資」を見つけるには

自分の「投資目的」が必要なのです。

 

40年後の老後に備える目的なのに、ハイリスク・ハイリターンの

「FX」に挑んで借金を作ってしまっては本末転倒ですね。

 

逆に、会社を辞めて不労所得で暮らしたいという目的なのに

「預金」運用で年利0.01%ではいつになっても会社を辞めれないですよね。

理由②:投資でのパニックが減る

まだ具体的な投資のお話をしていないので

分からないという方は、軽く見ていただいて大丈夫です。

 

投資をしていると「暴落」「暴騰」に合う危険があります。

自分の「投資目的」が決まっている方は、

「このくらいは許容範囲」と暴落・暴騰に対して

適切な対処をする事が出来るのですが・・・

 

自分の「投資目的」が決まっていない方は、

「え!?資産が一気に減っちゃった。」
「今○○の株が暴騰している。」

と売却した方が良いのか、購入した方が良いのか

考えてしまい間違った行動をとりやすくなってしまいます。

実際に「投資目的」を決めてみよう

ここからは、実際に「投資目的」を決めてみましょう。

 

投資目的は人それぞれなので、一人の時間を作って
考えてみましょう。

  • 老後生活が心配だから
  • 会社の給料の足しにしたい
  • FIRE(経済的自由)を達成したい

などなど様々あると思います。

ここで注意すべき点は、

とにかくたくさんのお金が必要と言った

曖昧な目標は避けましょう。挫折しやすいです

因みに僕の投資目的は、

FIRE(経済的自由)を達成してサラリーマンを卒業する。

です。

FIRE(経済的自由)については、他の記事で

詳しく解説しますね。

投資目的が決まったら +まとめ

みなさん、投資目的は決まりましたでしょうか?

投資目的が決まったら次は目的に必要な金額と年数を
考えてみましょう。

20歳から60歳からの老後生活に備えて投資するという方は

40年間で老後生活費(仮に2,000万円)を準備することになります。

これで簡単ではありますが、目的・目標を決めることが出来ました。

 

次回の記事では、投資に大事な「3大要素」について解説していきます。

今回の記事の続きになる部分なので、是非ご覧ください。!!