貯める

【第1回】格安SIMを使って通信費を下げよう6大固定費の1つ

こんにちは、ぺんぺんです。

今日の記事では、人生の6大固定費の1つのである
通信費の削減方法について説明していきたいと思います。

この投稿を見れば、

・人生の6大固定費って何?

・格安SIMって何?

・どのくらいお得になるの?

こういった疑問が解決されると思います。是非見ていってください。

人生の6大固定費とは?

冒頭から何回か出てますが6大固定費とは、

    1. 通信費
    1. 電気代
    1. 保険
    1. 税金

の6つの事です!!

この6つは生きていれば必ずと言っていいほど、のしかかってくる
人生の負担!!

この、固定費をいかに削減・捨てていくことがお金持ちになる
第一歩と言えます。

6大固定費の中には、簡単なものから難しいものがあります
しかしこの記事を読んで攻略していきましょう。

格安SIMってなに?

まずSIMの説明


SIMとは、上記写真のようなスマホに入っている
ICカードの事です。

このICカードがスマホの中に入っているおかげで
スマホのみで電話機や調べ物をする媒体として使えるのです。

格安SIMの特徴

次に、格安SIMについてです。

格安SIMとは、よく聞く大手3社(au,ソフトバンク,NTTドコモ)
から通信を安く借りて、我々お客に安く提供しているんです。

なんで安く提供出来るの?、っていう疑問が聞こえてきそうですが
理由は大手3社は街に支店してるの見ませんか?

それに比べて、格安SIMを提供している会社はネット上でサービスを提供
しているのでその分、安価で提供できるんです。

その他にも、格安SIMには

・通信が昼とか遅いときがある。

・LINEで電話番号検索が出来ない。

・キャリアのメールアドレスが使えない

というデメリットがありますが…
個人的には、そんな遅く感じないし
LINEの電話番号検索使った事ない
Gメールで十分という感じなので

格安SIMに即決定って感じでしたね。

次は、どのくらいお得なのか見ていきましょう。

どのくらいお得?〇〇〇万円の資産所持と同等!?

大手3社の月額は?

大手3社のサイトを参考にさせていただきました。

NTTドコモは9,350円
ドコモスマートフォン料金プランより引用

auは10,280円
auの料金プランより引用

ソフトバンクは10,280円
ソフトバンクの料金プランより引用

ただ、サイトを見ただけでは契約半年してからは割引!!、と言ったように
本当の金額が見えなかったので上はお問い合わせなどをして導き出した数字になります。

これらの金額を見てどうでしょうか?

では、次に格安SIMの料金を見ていきましょう。

格安SIMの料金

以下のサイトから比較できるので趣味レーションしてみて欲しいのですが

0円から2,280円という価格帯でした。

0円というのは楽天モバイルで、契約して1年間は無料でスマホが使えちゃいます。
それを除いても500円からあったりするので

とてもお得なのではないでしょうか?

格安SIM料金比較

お得を計算

これまでの事から、月額5,000円くらいはお得になるのではないでしょうか?

では単純に5,000円×12ヶ月で年60,000円のお得なのでしょうか?

正解ですがちょっと違います。

お金持ちになるためにはこれから紹介する”運用”をしてお金に働いてもらうという
考えが必要になります。

お金に働いてもらうことでずっとお金が節約できるようになります。

今回の固定費である通信費もこれから節約できることを考えると

年60,000の不労所得を得ているのと同じく考えることが出来ます。

年60,000の不労所得を得るためには

年利4%の運用でも150万が必要になります。
(今のうちは年利とか分からなくても大丈夫。そのくらいお得なんだ~くらいで)

格安SIMに変えるだけで、変えていない人と比べて150万円の資産を
持っていると考えると変えるべきなのではないでしょうか?

まとめ

皆さん、ここまで読んでくれてありがとうございます。

次回は実際どんな手順で格安SIMに変更するのかを説明していきたいと思います。

何かを得るためには、今持っている物を捨てる必要があります。

心配はあるかも…そんな方のためにこれから
情報発信を続けていきたいと思います。

今回の記事が良かったなとおもった方はSNSでの拡散、
身近な方にも教えてあげてください。