ささやかなるTVCMのススメ

みなさま、こんにちは。

今月末にまた一つ齢を取る、企画営業部の松岡です。

 

気づけばあっという間にもう3月。

 

ってことは、

 

来ますね!アレとかアレとか!

冷静な自分を保てるか、今から少し心配です。

 

それはさておき、本題へ

 

当ブログをご覧の通販会社の皆さま、

“TVCM(=インフォマーシャル)”に対して

どのような印象をお持ちでしょうか?

 

「メチャクチャお金掛かるんでしょ・・・」

「考査の基準高そうだし・・・」

「受電の手配とか大変そう・・・」

 

そんなネガティブなご印象をお持ちではないですか!?

 

 

・・・まぁ、確かに。

「そんなこと無いですよ!」と簡単には言えないのが事実です。

 

ペーパーやWEBでの出稿と比較しても、

TVCMはお金も掛かれば、考えることもたくさん。

 

正直、ご興味の無いクライアント様に、

無理矢理オススメできるものではありません。

 

しかしながら、そんなハードルを超えた先に

大きな可能性があるのもまた事実!

 

実際、TVCMの出稿を皮切りに、

業績を大きくジャンプアップさせた通販企業様も

数多いらっしゃいます。

 

TVって実際どうなんでしょう?

 

「若者のTV離れ」とか、「TVメディアへの信頼度の低下」などが

叫ばれて久しい昨今ですが、

 

とある調査によると、60歳以上のシニア世代に於いては、

ここ数年、一日のTV視聴時間に大きな減少は見受けられませんし、

そんな世代の母数がむしろ増えているのが実状。

 

つまり、通販広告におけるTVCMは

まだまだ可能性を秘めたジャンルだと考えられます。

 

それは分かるんですけど・・・

 

もちろん、だからと言って冒頭に挙げたネガティブ要素が

払拭できるわけではないですよね。

 

そこで是非、ご相談からでも頼っていただきたいのが、

“通販広告特化代理店”の名を掲げる、ペン株式会社!

 

その中でも異彩を放つ、“ヤツら”の出番でございます。

 

出番ですよ!

 

そんな“ヤツら”が、ペンの「TV研究開発部」。

 

たいそう大げさな名前ですが、

通販TVCMを専門に取り扱う部署なんです。

 

メディアバイイングを行う専任チームと、

クリエイティブを担うディレクターチームが両存していますので、

CM制作からメディア出稿まで、

社内で完結できるのが、強みのひとつです。

 

他のどのメディア以上に即時性の高いTVCMだけに、

いつでもメディア担当と制作ディレクターが

意見を戦わせることのできる環境があることは、

より早くスムーズな、“次の一手”に繋がるとペンでは考えています。

 

また、もうひとつの強みが、そのチームワーク。

「どんだけ仲いいねん!」とツッコミたくなるほど、

ワイのワイのとふざけ合ったり、

深夜にオンラインゲームで繋がったりしてるかと思えば、

(さっさと寝ろよ!)

互いの信頼関係があるからこその、厳しいやり取りもしばしば。

 

チームワークには絶対の自信を誇る、企画営業部の私から見ても、

何とも頼もしい存在です。

 

各オンエア毎のレスポンスに一喜一憂し、

クライアントの期待に応えられなかった時には、

夜な夜な涙で枕を濡らす・・・

 

全員が、高いプロ意識とTVCMに対する熱い想いを持った、

ペン自慢の精鋭部隊です。

 

私もここしばらく、彼らメンバーといっしょにTVCMの出稿に

セールス担当として携わらせていただく機会が増えているのですが、

その愛すべきキャラクターたちに背中を押され、

学ぶ機会の多い毎日を過ごしています。

 

少しの興味からでも・・・

 

そんな“ヤツら”が、皆さんの大切な商品の売上を最大化するべく、

TVCM出稿に関するあんなことからこんなことまで、

大手代理店さんにはできない、キメ細やかな対応で、

全力サポートさせていただきます!

 

もちろん、私含めた営業チームからも、

「いかにコストハードルを低くできるか」を念頭に置いた、

ご出稿プランのご提示をお約束します。

 

「TVCMやってみたいなぁ・・・」

「ウチの商品でもTVで売れるのかなぁ・・・」と、

少しでも興味の沸いた貴方!

 

まずはご相談からでもお待ちしておりますので、

担当営業、または私までお気軽にお声掛けください!


コメントを残す

*