来年も通販広告はペンにお任せあれ!

 毎年この時期になると
 追われるものといえば年賀状。

 ある調査によると…

 年賀状を出す1番の理由は、
 普段会わない人と連絡をとる
 よいきっかけになるからだとか。
 
 引っ越しや転職などで、環境が変わると
 友人や知人とも疎遠になってしまうもの。

 この機会に、
 何かしら連絡をしてみてはいかがですか?

 では、今年最後の通販道場にいってみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〓 通販道場 〓
——————————————————–

 さて、今年1年ご協力させていただいた
 さまざまな案件を振り返りますと…

 まだまだ、ご満足いただける結果を
 皆様にお届けできていない状況。

 現在ペンでは、 
 そのような現状を改善していこうと、
 新しい視点でものづくりを始めています。

 そんな私たちの取り組みを
 メルマガでご紹介いたします。

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  ペン王道の制作スタイル

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  新しい視点を取り入れたのは、
  通販広告を制作する流れ。

  通常、ペンが通販広告を制作するときは…

  1.【仕掛け】を決める
    ⇒商品の売り方、オファーなど、
     また長期的な広告戦略をご提案します。

  2.【媒体】を決める
    ⇒ご予算に合ったものや、
     獲得したい年代などに合わせて、
     適切な媒体を選定します。

  3.【表現】を決める
    ⇒1~2の内容や商品特性、市場、競合情報をもとに
     制作コンセプトを立案してから、
     広告として形にしていきます。

  まずは、広告を実施するにあたっての
  大枠をガチッと固める。
  
  それから、独自の理論に沿いながら、
  ターゲットや訴求ポイントを設定し、
  デザインやコピーワークを行っていきます。

  この一連の流れが、ペンの王道スタイルです。

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  新しい視点でものづくり

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  一方、取り組み始めた新しいスタイルは、
  【表現】からアプローチする方法。

  1.【表現】を決める
    ⇒商品特性や市場、競合情報から
     制作コンセプトを立案し、広告へ落とし込みます。

  2.【仕掛け】のご提案
    ⇒どんな商品の売り方やオファーが
     消費者の購買行動を促すのか?
     効果的な戦略をご提案します。

  3.【媒体】のご提案
    ⇒制作した広告は、どの媒体で実施すれば
     効率よくレスポンスを獲得できるのか?
     最適な媒体を選定します。

  この流れの最大の特長は、
  最初にガチッと大枠を固めてしまわないこと。

  そのため、商品特長や市場傾向から、
  ターゲットと訴求ポイントを決めます。
 
  必要以上にターゲットを絞り込まないので…

  ある程度は自由に広告を表現でき、
  その上、実施できる媒体も幅広く検討できます。

  新客をどんどん獲得するために
  この先の媒体拡大を見据えると、
  効率的に広告を実施できると思いませんか。

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  時代に合わせてチャレンジする精神

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  でも、どちらの制作スタイルも
  【仕掛け】×【媒体】×【表現】は
  きちんとマッチングさせています。

  これは、ペンがレスポンスを創出するにあたって
  欠かせないと考えている部分。

  「芯」はしっかりと保ちつつ、  
  案件やクライアント様のニーズに合わせて、
  制作スタイルを柔軟に変化させていく。

  その対応力と判断こそが
  ペンの強みの一つでもあります。

  今回ご紹介いたしました
  広告制作の流れだけにとどまらず、

  戦略のご提案や媒体の活用法などにも、
  次々に新しい視点を取り入れていく予定です。

  時代とともに進化していくペン。
  来年もまだまだ注目です。

———————————————————-
 【編集後記】
———————————————————-

 今年も1年間、ご愛読くださいまして
 ありがとうございました。

 皆様のお役に立てる情報を
 発信できているのだろうかと
 不安になるときもあります。

 でも、チャレンジ精神を忘れず、
 来年はどんどん面白い企画を
 メルマガで紹介したいと思います。

 どうぞ、来年もよろしくお願いします。

 最後になりましたが…
 ぜひ、よいお年をお迎えください。 


コメントを残す

*