通販業界の動向を天気予報で考えてみた

みなさま、こんにちは。

メディア担当のキノシタです!

 

先週、私の所属するメディア部門のメンバーで会社帰りにお花見に行ってきました!

部門の花見はいつも円山公園(八坂神社の隣)に行っています。

が、今年は行くのが遅すぎた・・・。

見事に桜は散り、葉桜の状態でした。

しかも寒い・・・。

寒すぎて1時間程でお開きとなりましたが、

新鮮で楽しい時間となりました。

 

来年はしっかりと計画して満開の桜の中でお花見をしたいものです。

P260008

(※満開の時の円山公園のシダレザクラです)

 

では、さっそく本日のエントリーです。

今回は業務の一環として実施している通販業界の市場調査についてです。

 

アナログにやっています!

弊社も多くの媒体社様とのお取引をさせていただいており、

毎日様々なお話をさせていただき情報で溢れ返っております。

 

例えば

「4/1施行された景表法の課徴金制度どう思う?審査基準を引上げようかな」

「広告売上が厳しい。他媒体ではなにか取組をしているの?」

「広告主様をもっと紹介して!」

などなど。

 

各社様のご意見やご相談に対しては、個別に回答をさせていただいておりますが、

私からも市場調査としてアンケートというアナログな形式でご質問をさせていただいております。

 

内容としましては、

その媒体社様の売上というデリケートな所から顧客属性という所までです。

 

このアンケート回答についての使用目的としては、

媒体のセールスの為に使用させていただくというものです。

 

決して少なくない項目で且つ、突っ込んだ内容もあるのですが、

多くの企業様にご協力をいただきました。

この場を借りて改めて御礼申し上げます。

誠にありがとうございました!

 

今回、その統計データを少しだけご紹介させていただきますので、

皆様にもなにか情報を持って帰っていただければと思います。

 

天気予報で評価します!

全項目をご紹介するのは時間もスペースも足りないので、

みなさんが気になりそうなポイントに絞り、且つ詳細が分からないように天気予報でお伝えいたします!

 

まずは、一番気になる通販売上について。

nichi_ame

「曇のち雨」

この項目については他の情報サイトや統計でも出ているように、

あまり良くないという票が多く見られました。

この状況は通販業界だけではないとも思いますが、

いずれにしても、何らかのテコ入れが必要というのは間違いなさそうです。

 

統計では上記結果となりますが、

もちろん中には売上増加をしているところもあります。

この部分にヒントがあるのかもしれませんね!

 

次に、媒体としての広告売上について。

kumori

「曇」

この項目については、増加~同~減少という票がほぼほぼ均等に分かれました。

上記の通販売上の結果とは微妙にズレがあります。

この部分が媒体セールスに関しての力の入れ具合の各社の違いというところでしょうか。

 

おまけとして、

広告ジャンルの内訳について、健康食品・化粧品・美容品(ヘアケア含)の3ジャンルが

もっとも多かったです。

なかでもナショナルクライアントの出稿量増加が年々右肩上がりになっているようです。

 

最後に、機能性表示食品の広告出稿実績について。

hare

「晴れ」

この項目については、約7割近くの媒体で出稿実績があるとの回答でした。

H27年4月に機能性表示食品制度がスタートし、

H28年4月時点で284商品もの届出がされております。

このことにより、多くの企業様がこの制度を利用し、広告出稿をされていることが分かります。

トクホのように消費者の認知度が向上していくことで、

益々商品の差別化・広告効果に差が出てくることも予見できます。

(一部報道で機能性表示食品制度のガイドライン改正について報じられていますので、この制度自体も変化があるのかもしれません)

 

情報をどう捉え、どう行動に転換するか?

今回のエントリーでは、媒体社様へのアンケートの回答統計を簡単にお伝えさせていただきました。

なにか参考になることはあったでしょうか??

 

このアンケートの対象となりました媒体社様については、

同送広告を実施しておられる総合通販・アパレル通販・食品通販の企業様

約40社を対象に自社調査を行ったものです。

 

弊社ではこのような情報を盛り込んでメディアプランや媒体のご提案をさせていただいております。

他の情報で必要なものがあればお気軽にご相談下さい。

_shared_img_thumb_PASONAZ160306230I9A1809_TP_V

 

というところで、上記までが情報の部分です。

 

私もメディア担当をするうえで、聞いた情報をそのまま流しても意味がないので、

いただいた情報を精査し、仮説を立て、次の行動計画までを考えるようにしています。

 

「情報」を、いかに「知恵」にするか。

 

この部分に尽きると思います。

今後私自身この部分については突き詰めて学んでいきたいと思います。

併せて私も情報発信元となり、みなさまの「知恵」となる種を提供できるように努めて参ります。

 

みなさま、引き続き宜しくお願い致します。


コメントを残す

*