アイデア力を覚醒させる3つの要素とは?

みなさま、こんにちは。企画営業部の松岡です。

 

巷はどこもハロウィン一色!みんな楽しそう!

ですが、個人的には全然ご縁がありません。。

 

それよりワックワクで心待ちにしているのがこちら!

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(ディズニー公式)

 

12/18(金)18:30の全国一斉公開に向けて、

既に予告編が3本公開されているんですが、

端々から旧シリーズへのリスペクトが伝わってくる仕上りに、

あちこちで感涙報告が挙がっております。

 

楽しみすぐる!!!

 

こっちも覚醒させなきゃっ!

 

先日、制作担当コバヤシのこんなエントリーがアップされていましたが、

自分の属する企画営業部でも、

クリエイティブとは違ったアイデアを求められる場面が多数あります。

 

”クライアントニーズを叶えるために!”

”自社サービスをより良く使っていただくために!”

”社内業務をもっと円滑に進めるために!”

 

目的は様々ですが、

「○曜のミーティングまでに各自最低1案は持ち寄ろう!」

とか、

「○○月○○日までに改善策を考えておくように!」

とか。

 

「どうせ同じ事しゃべるなら、ちょっとでも面白く言いまわしてやろう・・・」

的に、日々頭をぐるぐる回転させているつもりの自分ですが、

やっぱりアイデア出しって難しい!と実感する場面が多々あります。

 

てことで、今回は自戒の意味も込めて、

アイデア出しに必要な3つの要素をまとめてみます。

 

必要な3つの要素とは?

 

1.とにかく質より量!

 

いきなり、一発大逆転の斬新なアイデアが出ることはまずありません。

とにかくどんどん数を出して、

「アイデアを出しやすくする土壌」を

自分の中に作っていくのが第一ではないか、と思います。

 

2.ダメなものでもとにかく出す!

 

1.と同様、誰も思いつかないアイデアばかりを出せるなら苦労はありません。

「ダメかもなぁ・・・」と思っても、とにかく出す!

 

そうすれば、ダメなものが何故ダメなのか?を掘り下げて、

ダメな点を修正したより良いアイデアに繋げたり、

ダメなもの同士掛け合わせて新しいものが生まれたり、と

先の広がりの可能性が見えてくる!かもです。

 

3.何とか形にしてみようとする!

 

アイデアをアイデアのまま置いといても、

当然ながら何も変化はありません。

 

どうすれば形になるか、を考えたり、

形にしてくれそうな人にシェアしてみたり、

ひとつのアイデアをみんなでディスカッションしたり、

 

机上の空論になってしまわないように、

形にしてみる努力を惜しまず、動いてみましょう。

それで形にならなかったら・・・

 

それはそれ!一旦置いときましょう!

 

もやっと出てきちゃいましたっ!

 

自戒の意味も込めて、と書きましたが、

ここまで書いたところで、

いま自分の中にある、”もやっ”もアウトプットして

形にしなきゃっ!って気になってきました。

 

上手く形になれば、きっと通販企業各社様にとっても

メリットを感じていただけるものになると思いますので、

その折には是非ご紹介させてください!

 

それではみなさん、

アイデアと共にあらんことを!