目に見える物は商売になる

cir020

みなさま、こんにちは。

テレビ研究開発部、川地です。

今回は高木に代わりまして、私が投稿させていただきます。

 

早速なんですが、みなさまが普段の買い物や

何かのサービスを利用するときを想像してください。

 

なんであれ、広告なり実物なり、何かを見てお金を払っていますよね?

 

人間は見ないと分からない生き物なんです。

cir020-1

しかし、ちょっと考えてみましょう。

 

実物が分かる商品なら単純ですが、

それが見えない物ならどうでしょう?

 

例えば、身体にすごく良い成分が入った食べ物。

 

その商品自体は見えていますが、目的はその中に含まれている成分です。

成分を直接見える人っていませんよね。

 

他にも例えば結婚式。

 

結婚式はその当日にならないと目にすることはできません。

 

この例えの二つに共通することは、

目に見えないのにお金を払っているという事実です。

 

「題名と違うじゃないか!」

とツッコミが入りそうですね。

 

そこで我々の様な広告マンが取っている手法が、

 

“視覚化”

 

先程の例でいくと、

成分をイメージ図で視覚化。

結婚式のイメージを写真やCGで視覚化。

他にも証券取引の流れを図にして視覚化なんてのもありますね。

 

「百聞は一見にしかず」

 

昔の人は本当に上手いこと言っていますね。

 

逆に言えば、どんな事象も視覚化さえできれば、

商売になりうるといことです。

 

視覚化の手法としては、先程申し上げた図や写真・CGの他に

グラフを作ったり、商品やサービスの使用例を映像にしたり、

目に見えない物をキャラクターにしてイメージ付けをしたりと、

様々な方法があります。

 

文章で伝える+図や映像で伝える。

 

これは逆もありなんです。

 

視覚化した物にフォローする形で、文章を載せる。

 

最近ではこちらの手法の方が広告では多いですね。

 

視覚化ってクリエイターの個性が出ます。

cir020-2

私が所属するテレビ研究開発部でも日々、この視覚化の作業を

行っていますが、やり方がそれぞれとっても個性的です。

 

まず絵を書いたり、キーワードを書き出して紐づけたり、

文章を書いてから出来上がりを想像したり。

 

私個人としては商品の特徴を箇条書きにして、

「この一文をインパクトのある画にするにはどうしようかな?」

「この文とこの文を混ぜたら、どんな画になるかな?」

と考えていきます。

 

正直、産みの苦しみは大きいですが、

個人的にはとってもエキサイティングな作業だと思っています。

 

視覚化の成功=レスポンス

cir020-3

広告の場合、失敗すれば当然の如く、商品は売れません。

しかし、その手法がビシッとハマれば、必ずレスポンスが付いてきます。

 

ペンではビシッとハマる“視覚化”を創出すべく、

個々人が日々腕に磨きをかけております!

 

ご相談だけでも、お気軽にお声掛け下さい♪


コメントを残す

*