過去の自分と今の自分について考えてみた

みなさま、こんにちは。

メディア担当のキノシタです!

 

まだ!寒いですね・・・。

春が待ち遠しいです。

と言ってみたものの、私は花粉症持ちなので、春は春で厄介なんです。

そんな感じなんで、まだマスクが手放せなさそうです・・・。

 

今回はメディアから離れまして、日頃の業務中の出来事での気付きをエントリーさせていただきます。

日々を過ごすことで、過去の自分・現在の自分・未来の自分が生まれます。

その自分を見つめなおしてみませんか?

 

最近、思うんです

現在私はメディアを扱う部署に在席しており、

チームリーダーとして業務に従事をさせて頂いております。

 

今の会社の動きに則して部署内での体制変更等も考えて実行しており、

新しいメンバーのOJTはもちろんのこと、

実際の採用面接にも参加をさせていただいております。

 

その採用面接のなかで、

最近、思うんです。

 

「自分がその年齢の時にそんな考え方ができていたか」

「入社当時の気持ちを、今も持ち続けているのか」

_shared_img_thumb_S001_megane0120140830145829_TP_V

面接の時って、基本的に緊張するじゃないですか。

でも、みなさん自分自身のプレゼンをしっかりと実行していただいて。

 

基本的に、面接に望む姿勢はみなさん同じじゃないですか。

でも、プレゼンの内容や表現、声のトーンや表情と、

誰一人として同じ人はいないんですよね。

みなさん気持ちを持って望んでいただいていると感じます。

 

そんな面接を繰り返していると、

上記のような思いが湧いてきたんです。

 

今まで面接に参加いただいたみなさまには、心から御礼を伝えたいです。

 

自分自身はどうなのか?

面接を通して上記のような思いがよぎると、

自分自身に投影をしてしまいます。

 

決して、ネガティブなものではなく、

あくまでポジティブなものとしてです。

 

自分自身、入社当初のモチベーションが維持・向上できているのか。

視野・考え方がバージョンアップしているか。

 

当初私が思い描いた結果は、

モチベーションは右肩上がり。視野・考え方はバージョン3.0位かなと。

 

現在の私を考えた結果は、

モチベーションは維持。視野・考え方はバージョンアップ1.1位かなと。

 

 

 

うーん。

・・・結構、ビハインドあるよね。

 

上記のように自分自身に投影した結果、

「キノシタはこの数年間サボっていた」

という結論にたどり着きました。

 

更に、そんなサボりのキノシタを会社内の一人という単位で考えた際に、

「人に迷惑かけたらダメだ」

という、物心ついたときから父親に言われ続けてきた言葉が脳裏をよぎりました。

 

じゃあ、今からどうしよう?

まー。大変ですよね。

今までのサボってたビハインドを取り返さないと理想の自分にはたどり着けないので。

かといって、理想の自分は妥協したくないですし。

 

じゃあやることは一つですよね。

「最短距離の手法を選択し、集中して実行する」

こんなに分かりやすくて、やりにくいものはないですよね笑

 

「わかっちゃいるけど、やめられない」

かっぱえびせん状態ですよ。

 

かっぱえびせんのように、おいしくいただければ何の問題もないですが、

これはそうは行かないですもんね。

 

そんなこんなで、

うだうだ行ってもまたビハインドが広がるだけなので、

通勤時間を利用して、これからの自分計画・手法を考え実行しようと思います。

 

待ってろ!未来の自分!

 

最後にどうしても伝えたいこと

今回、私の日記みたいな記事をエントリーさせていただきましたが、

みなさんはこのような経験はありますでしょうか?

 

様々な生い立ちがあるように、

価値観や考え方も人の数だけあると諸先輩方に教わりました。

実際私もそうだと思えるようになりました。

 

様々な人の、考え・意見に触れ、

自分自身を見直す。

 

そして、自分自身をコントロールをするのは、

他でもない自分であるという事。

 

自分の親や、今までお会いした先輩方・同期・後輩方に

「ちゃんとやってるよ!」

と言えるような行動をしなければと気付かされた出来事でした。

_shared_img_thumb_anjyu160103477551_TP_V

 

最後に、これだけはお伝えしたい。

文中に「サボっていた」、「サボりのキノシタ」との表現がありますが、

あくまで仕事はキッチリとやっています!

この表現の意味合いとしては、あくまで自己研鑽の部分となります。

 

誤解が無い様、もう一度。

「キノシタは仕事をしています。」

 

ご清聴ありがとうございました。

 


コメントを残す

*