メラビアンの法則

はい。こんにちわ。テレビ研究開発部、高木です。

「通販で使える心理学」シリーズで御座います。

今回は、「メラビアンの法則」をご紹介致します。

もしかしたら、テレビ、映像でしか使えない心理学かも知れません。

メラビアンの法則

もしかして、名前は知らなくても、内容は知っている人は多いかも知れません。

 

アメリカの心理学者、アルバート•メラビアンが1971年に提唱した、

別名「3Vの法則」、「7-38-55ルール」とも呼ばれる法則です。

 

7%が”Verbal”(言語情報:言葉そのものの意味、話の内容等)

38%が”Vocal”(聴覚情報:声のトーン、速さ、大きさ、口調等)

55%が”Visual”(視覚情報:見た目、表情、視線、しぐさ、ジェスチャーなど)

 

メラビアンが行った実験は、「言語」「聴覚」「視覚」、それぞれ矛盾した情報が与えられた場合、

対象者がどれを重要視し、判断するのか、という内容。

 

例えば、「怒った表情で褒める」「笑顔で怒る」。

といった矛盾した行動では、受け手は「言葉<視覚•聴覚」を優先して情報を受け取る、

というものです。

taka0824_01

 

これがテレビ通販でどう使えるかというと。

例えば、フシブシ系のサプリメントだと、考査が段々と厳しくなっているので、言える言葉がすごく制限されています。

しかし、ナレーションなどで、「健康維持に最適!」なんて言っておきながら、画面はおばあちゃんが坂道を笑顔でスタスタ歩く場面。

ここからは、視覚情報の方が強いので、視聴者心理としては「健康維持」よりも

「坂道をスタスタ行ける」という映像情報の方を優先的に受け取る、というわけです。

takagi0824_02

 

さて。いかがでしょうか?こんな感じで、あの手この手のテレビ通販。

テレビはまだ早い!なんて思わずに、少しでも興味があれば、お気軽にお問い合わせくださいませ!!


コメントを残す

*