メディアとフラットな視点について考えてみた

みなさま、こんにちは。

メディア担当のキノシタです!

 

今年の年末年始は非常に暖かく、このまま春に突入してくれればと切に願っておりましたが、

最近しっかりと寒くなってきております。

やっぱり日本は四季のある国なのですね・・・。

 

風邪・インフルエンザ・ノロウイルス。

寒くなると流行しますので、体調管理しっかりとしたいと思います。

(私自身1年の1/3はマスク付けているような虚弱体質なので・・・。)

 

では新年2回目のペンブロをエントリーさせていただきます!

今回は私の担当するメディアについて最近あった事例をご紹介させていただきます。

とある日のある気付きからはじまった

私は日頃、会社内ではメディア担当として業務に携わっております。

 

メディア担当として、

クライアント様のニーズを弊社営業担当からフィードバックいただき、

最適なメディアプランを考えご提案の骨子となる部分を担当させていただいております。

 

そんな業務を行っているので、複数あるメディアからフラットに選定を行う必要があります。

ただ、どうしても選定内容に偏りが出るのも事実なんです。

 

■過去実績として、レスポンスが出た。出ていない。

■ターゲットでみた時に、合致している。していない。

■広告予算で考えると、予算内。予算外。

etc・・・。

 

どこかに肩入れするという考えは毛頭無いのですが、

結果的に見ると偏りが生まれていたり。

 

そんななかで弊社のある営業担当が、あるメディアで提案を行いたいとの話が。

そのメディアとは、ロットが非常に小さく多くあるメディアのなかで埋もれていたものでした。

_shared_img_thumb_GAK86_hutounokuroneko_TP_V

実際に広告してみた。すると意外な結果が。

その営業担当の意図はその時は分からなかったのですが、

話をいただいたので案件化の為にメディアバイイングに入りセットを行いました。

 

実際に、広告実施をしその実績を確認すること約1ヶ月。

結果は、非常に良いんです。

(具体的な数字は記載できませんが、お問合せをいただければ営業担当をご紹介致します)

 

この結果に出稿いただいたクライアント様にもご満足をいただけたとの事。

今後も定期的に出稿するとお話までも。

 

ここで私の固定概念が崩れました。

冒頭にお話したように、ご提案するメディアにおいて偏りが生まれ、

その偏りがいつの間にか『結果が出ない』という認識にすり替えていたのです。

 

『メディア担当と名乗りながら、フラットな判断ができていなかった』

私自身この事象は大きな反省点となりました。

 

弊社の営業担当と実施していただいたクライント様に教えていただいたのです。

ありがとうございました。

 

メディアを選定するうえで重要なこと

現状まで私自身の反省文のような記事となってしましたが、

この私の失敗を公に共有させていただき、

同じ考えの方であれば、改める。

もう徹底している方であれば、今後も継続する。

という形で情報還元できればと考えております。

 

各通販企業の広告に携わる方であれば、

この落とし穴に放ってしまうポイントはいつでも隠れていると思います。

 

今回ご紹介した媒体は、『小ロット』という点がネックとなり、

レスポンス率が一定数あっても実際の獲得人数が少ないという理由で

埋もれてしまっていました。

 

上記のような同じ轍を踏まない為にも、メディア選定をするうえで重要なことは。

『偏りなく、フラットな目線で検討すること』

だと改めて感じました。

 

実績のみに頼った目線だけでなく、

情報が無いメディアについては情報収集を行い可能性を再検討する。

可能性が見出せた場合には、チャレンジをしてみる。

いわゆる、PDCAを回すという視点・作業が重要だということですね。

 

基本の部分をいかに正確に継続するかという、

簡単で難しい課題でした。

 

最後に、今回ご紹介したメディアがハマる所とは!?

今回ご紹介した私の失敗事例では、メディアが『小ロット』であることがネックでした。

 

現に『小ロットのところで広告してもね・・・。』なんて意見は社内でも多くありますし、

事実その通りです。

 

『じゃあメディアの価値がないのか?』

 

A.私はその通りでは無いと考えます。

 

■初回は低予算でレスポンスを確認したい。

■クリエイティブのABテストのファーストステップとして。

■競合他社が少ない環境でテストしたい。

etc・・・。

 

大手企業様では上記に当てはまることはないのかなぁとは思いますが、

『これからどんどん大きくしていきたい!』というミドルクラスまでの企業様で

あればニーズにハマる可能性はあると考えます。

 

_shared_img_thumb_HIRA88_danboneko20140614111328_TP_V

まぁ聞いてみて損は無いかなと思います・・・笑

 

中段にもお伝えしましたが、

今回ご紹介したメディアが気になる方は今回仕込んだ営業担当をご紹介しますので

お気軽にご連絡下さい。

→ → → 問合せはコチラ ← ← ←

 

みさまも、フラットな視点でメディア選定をオススメ致します。

意外な発見があるかもしれませんよ!


コメントを残す

*