販促必勝法ここにあり!

 旧年中は格別のご厚情を賜り、
 また、メルマガをご愛読いただき
 誠にありがとうございました。 

 皆様に今後も、お役立ていただける情報を
 ご紹介させていただきますので、
 本年もよろしくお願い申し上げます。

  
 さて、2014年最初のコラムは
 弊社の取締役社長、山上よりお届けいたします。

 アベノミクスの経済効果が消費者まで到達していないのか、
 まだまだお財布のひもが堅い印象を受ける昨今。

 そんな時だからこそ、通信販売における
 原点を見直してみませんか?
  

 それでは、どうぞ!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コラム】 二人羽織で勝ち馬になる2014
——————————————————–

 新年明けましておめでとうございます。
 ペン株式会社の代表をさせていただいております山上です。

 弊社の今年のテーマは『勝ち方、教えます』。

 少し上目線でのテーマになっていますが、
 これは通販ビジネスにおいて
 弊社が26年もの間、積み重ねてきた失敗や、
 成功に裏付けされた“ノウハウ”からの発信だと
 受け取っていただければ幸いです。

◆ ――――――――
  費用対効果の本質
  ―――――――― ◆

 通信販売における一部の悪徳商法、
 商品の平均化、
 厳しくなるツール表現規制など。

 年々、思い通りの目標値で
 新客を獲得しづらくなってきています。

 「費用をかけても新客獲得が難しいから、
  良い費用対効果が望める顧客育成に力を入れるよ…」

 そんなお話を、
 昨年は数社の通販企業様からいただきました。

 確かに、一理あるお話だと思います。

 しかし、顧客育成に力を入れて
 新客獲得をおろそかにするあまり、
 売上が年々ジリ貧状態に陥ってしまった
 というお話も耳にします。

 その結果、気が付くと
 もう身動きがとれない状態になってしまったというのです。

◆ ――――――――――――
  “実績”が勝ちルートへ導く
  ―――――――――――― ◆

 単品リピート通販の王道は
 「新客獲得」と「顧客育成」を車の両輪のごとく、
 バランスよく動かすことです。

 どちらか一方だけが動いている状態では、
 単品リピート通販の王道をまっすぐに進めず、
 想定しない道に外れるということになりかねません。

 一度、外れた道に入ってしまっては
 軌道修正が難しく、思いがけない難関にも出くわします。
 そもそも、想定外の道を走っていることに
 気づくことも困難ではないでしょうか。

 そこで、皆様を最も効率の良いルートへ導くのが
 通販広告総合代理店である私たちです。

 弊社の非営業部門を含む全社員は、
 クライアントの皆様が、消費者に喜んでいただける
 企業様であり続けて欲しいと願っています。

 同時に、クライアント様への売上貢献のため、
 業務に対して常に全力投球。

 さらに、弊社のグループ企業には
 健康食品を製造・販売している通販会社があり、
 そこで実施した多くの販促手法や結果を
 ノウハウとして蓄積しております。

 だからこそ、私たちはクライアント様へ
 机上論ではないご提案をさせていただけるのです。

◆ ――――――――――――――
  貴社の販促部門「ペン株式会社」
  ―――――――――――――― ◆

 弊社は貴社の販促部門のごとく、
 共に売上貢献を目的に活動を行ってまいります。

 ぜひとも、お気軽に弊社をご活用ください。

 貴社と弊社とで、しっかりと連携を取りながら
 目標売上や、新客数、引き上げ率の達成に向かうのです。
 
 通販業界の情報収集や、販促の仕掛け、広告の表現手法など
 目的達成のために何から手を付けて
 どのように進めていくのかなど、
 どんな難題でもご相談ください。

 現実問題として出来ること、出来ないことはありますが、
 頭に汗をかきながら持ち得る最大限の知識と、
 最良のアイデアと、最高のおもてなしをもって、
 お応えさせていただきます。

 共に消費者の満足を追求し、共に貴社の売上に貢献し、
 消費者、貴社、弊社がWin-Win-Winとなる
 2014年にしていきましょう。

 クライアント様にとっても
 素晴らしく価値ある年になるように
 貴社と共に一丸となって前進してまいります。

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
——————————————————– 

 ペンは大きく分けて12の部署・課で構成されています。

 営業部や、媒体の専門部署、
 制作を担う部署などの営業部門はもちろんのこと、
 経理課や人事課などの非営業部門の社員の目的も
 「クライアント様の売上貢献」です。

 経理課であれば、
 単なる「経理処理」を行っているのではありません。

 「社員全員の業務効率やクオリティを高めるために
  それぞれの専門業務に集中してもらうんだ!」

 との思いで、請求書発行や出張手配、
 宅配・郵便対応などの業務一つ一つにあたっています。

 そうすることで 
 クライアント様の売上に貢献しているのです。

 歯車のかみ合わせがなければ、
 動力が伝えられない原理と同じですね。

 2014年も全社をあげて、
 クライアント様の目的達成・売上貢献に尽力してまいります!


コメントを残す

*