思い通りに仕上げる!通販広告 制作の極意

久しぶりの投稿になりました!

ペンブロ編集長のコバヤシです。

 

 

今回は、広告を制作している現場の話を少し紹介したいと思います。

 

社内であれ、社外であれ、デザインやコピーを誰かに依頼すると、

たまに自分が思ってたイメージと異なるときってありませんか?

 

そんなお悩みに役立つ!

 

パチッとイメージ通りに仕上げる、

制作ディレクションの極意をまとめてみました。

 

 

 

1.相手に求める役割を明確にする

 

例えば、デザイナーに広告制作を依頼する場合…

 

コチラからの指示内容に基づいて、的確な制作をしてもらうのか。

または、一緒に企画やアイデア出しから関わってもらうのか。

 

まずは、相手に求める役割を明確にすることが大切。

(その分、費用も変わってきますが…)

 

役割の幅によって、作業内容が異なってくるので、

伝えるべき情報も選ぶべきですし、

参加してもらう会議や、相手に出す指示も変わります。

 

 

 

2.制作意図や目的をしっかり伝える

 

・何を目的にした広告なのか?

(商品やサービスの販売、来店誘導、企業イメージアップ、商品ブランディング…など)

 

・商品は?

(特長、価格、開発秘話…など)

 

・ターゲットは?

(性別、年代、ライフスタイル…など)

 

・媒体は?

(同梱広告、折込、掲載、屋外、サンプリング、WEB、テレビ…など)

 

など、基本的な情報はしっかり相手に伝えること。

 

広告制作における背景を知ってもらわないと、

いくら“素晴らしい”広告ができても、

まったく役割を果たさないものになってしまいます。

 

 

 

3.イメージの参考や、トーン&マナーを伝える

 

アイデアやラフ案などがある場合は、

それを考えた流れや意図も一緒に伝えることはもちろん、

自分が頭に描いているイメージを具体的に伝えるために、

参考資料を用いて説明すると効果的です。

 

過去に制作したもの、他社の広告、参考になる書籍などから、

「あの映画の世界観みたないな感じ!」でもいいかもしれません。

 

 

デザインなら、メインに使いたい色や書体

キャッチコピーならキーワードなどを伝えておけば、

相手もイメージがわきやすいと思います。

 

また、制作するにあたって、会社独自のルールがある場合は、

このときに一緒に伝えておくと◎

(使用フォントの種類や文字の大きさ、統一用語、使用不可な単語など)

 

 

この仕上がりのイメージ共有を疎かにしてしまうと…

完成したものを見たときに、「あれ?」ということになるんです。

 

 

———————————————————————————–

 

簡単ではありますが、上記の3ポイントを参考にするだけで、

きっと、自分が思ったような広告になるはず!

 

広告制作だけでなく、誰かにものを依頼するときにも役立つ内容だと思います。

 

 

 

 


コメントを残す

*